消化酵素を摂ろう

酵素は人間を始めあらゆるところにあります。体内でさまざまな働きをします。

潜在酵素は遺伝子によって、一生で作られる酵素の量が決まっているそうです。

対内酵素は1日に作られる量が決まっています。ですから大量も食材が入ってくると、消化に

まわる消化酵素では足りなくなり、代謝酵素から補います。すると代謝酵素が足りなくなって

免疫機能だとか、排毒機能など必要な機能が損なわれて、健康に影響が出ます。ですから食べ過ぎは良くないです。消化酵素を使わないように、消化のよいものを食べたり、食物酵素が入った食材を食べたり、サプリメントや飲料で酵素を補給してください。酵素は体温が高めの時によく働くそうです。また低体温の人の方が、ガンになりやすいそうです。

酵素は生の野菜やフルーツに入っています。熱を通すと酵素が失われてしまいます。

漬け物や味噌、納豆などの発酵食品。生魚にも豊富です。日本古来の食文化は酵素を多く摂りいれていることになります。最近の食生活は酵素不足です。一度自分の食生活を見直すした方がよさそうです。私はとても酵素を意識するようになりました。生野菜や果実は苦手ですが、酵素を摂るために、意識して食べるようになりました。さっきもオレンジを食べましたよ。

近い将来は手づくりの酵素ドリンクを作ろうと計画しています。市販の酵素飲料はお高いですから。

酵素はタンパク質をアミノ酸に変えます。胃の消化酵素を助ける生野菜や果実を、肉や魚の2倍は食べたいものです。焼魚に大根おろしがついていたり、豚肉とパイナップルの相性がいいのも、酵素が消化を助けるという昔からの知恵ですね。

ショップジャパンのスタイルパワージューサーは、野菜や果実を皮ごと、簡単に絞れる生ジュース・マシンです。これなら朝から簡単に、酵素を摂取することかできます。

体内酵素は夜中に多く製造されますから、睡眠もたっぷり取っておきたいです。

夜食として、インスタント食品や甘いモノ等を食べると酵素を使ってしまいます。食べるなら消化のよい食べ物にしましょう。

甘いモノに含まれる、ショ糖は酵素を大量に使います。甘いものはなるべく控えて、摂るなら少量の黒糖や蜂蜜にしましょう。酵素は3,000種類以上あると言われています。酵素は48度以上の熱で壊れるそうです。

私はコーカサス地方で食されているケフィアに注目しています。複数の乳酸菌が腸まで届いて腸内環境をよくします。また消化酵素も豊富です。

タグ

2012年3月14日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:酵素情報

このページの先頭へ