プチ断食に挑戦

プチ断食をする人が増えているようです。プチ断食は短期間の間、食事量を控えて水分だけ摂取してダイエットや体の調子を整える目的で行います。肌に調子がよくなったり、便通も改善するようです。期間は半日から3日間ほどのようです。今は酵素ドリンクを使う人がおおいようです。三日間食事を一切取らない方法が究極ですが、いきなりは辛いと思うので、自分に合ったやり方で無理なく続けてください。
老廃物や有害物質を体外に排出することで、健康状態もよくなるでしょう。プチ断食は気軽に実践できるので人気になっています。プチ断食の目的は固形物を摂らずに内臓を休ませることです。

断食の前日の夕食は少な目にします。断食の翌日はおかゆなど消化のいいものを食べ、夕食は普通に戻してけっこうです。せっかく胃が小さくなったのですから、ダイエット目的の人は、終わっても食事量を少なくできるチャンスです。疲れた胃腸の機能を休ませて回復させれば新陳代謝も活発になってくれます。結果太りにくに体質に変わっていきます。むやみみに回数を増やして返って体調を崩さないようにしましょう。大事なのはプチ断食後の行動です。食事量に十分に気をつけてください。食習慣をよい方向に変えましょう。ふだん食べ過ぎて消化に働いてばかりいる胃腸を排出に働くようにすることも目的です。

プチ断食はムリに痩せることが目的ではなく、健康になることが目的です。動物が自然にやっている方法だそうです。腸を活性化させて免疫力が上がると、花粉症の症状改善にも期待できます。
腸内に入った花粉を排出できるのがプチ断食です。断食はいろいろな誘惑や、人との付き合い方が難しなりますが、プチ断食してると告げて協力してもらうといいでしょう。あとは意志や目標・目的が一番大事だと思います。プチ断食を実行する理由ですね。決めるということです。
プチ断食で挫折する人に多いのは頭痛になることです。この理由は私では分かりませんが。

実施中激しい運動は控えましょう。趣味などなるべく楽しく過ごしましょう。会社員の方は休日にプチ断食をすることができます。前日は少な目の夕食にして、アルコールは厳禁です。土曜日は食事を摂りません。水やお茶、野菜ジュースで過ごしましょう。日曜日は回復日です。夕食から普段通りに戻しましょう。明日に備えて休養してください。プチ断食は体調の悪い時、生理中は控えましょう。健康の時こそ効果的です。体調に変化が起きたら無理をするは止めましょう。健康の時にさいチャレンジしましょう。

タグ

2012年4月18日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:健康

このページの先頭へ